本文へ移動

PRP療法

関節の痛みを軽減する治療法です

PRPとは

PRP(Platelet Rich Plasma、多血小板血漿;たけっしょうばんけっしょう)とは、血液を加工して、血小板を多く含むようにした血漿(血液中の液体成分)のことです。
血小板は出家致死たさいに働く細胞です。
様々な研究から、血小板には組織を再生させるための成分(サイトカインなど)が含まれていることが分かっています。
PRP療法は、このサイトカインの働きを利用したものです。
サイトカインには様々な種類があります。
血小板から放出され、傷の修復や細胞の増殖促進、身体(皮膚や骨、軟骨、血管など)を形作るうえで重要なコラーゲンの生産に関与します。

PRP療法のしくみ

変形性膝関節症に対するPRP療法では、患者様ご自身の血液からPRPを調製し、患部に注射します。
PRP中のサイトカインの働きが変形性膝関節症の痛みの軽減や、損傷した組織の修復に効果があるとされています。

他院との違い

PRPは、各病院やクリニックで作成し、採血後数分で治療を行える手軽さが大きなメリットでした。
しかし、作成したPRPの品質のばらつきが大きかったことがわかり、PRPの効果に個人差がある原因の一つに品質のばらつきがあると考えました。
そこで当院では患者様から頂いた貴重な血液を特定細胞加工物製造業者に搬送し、PRPを作製しています。
委託企業で作製したPRPは、他社のものと比較し高い濃縮率と高い純度を実現しました。
また、無菌試験を行い安全性を向上しています。
1度の採血で複数治療分のPRP作製を行い、最大6か月間保存可能で、複数回の治療でも患者様の苦痛を最小限に抑えることが可能です。(治療法によって異なります。)
無菌検査を行う唯一のPRPです。
TOPへ戻る