本文へ移動

PRP療法

PRPとは

現在、各分野にて再生医療の研究や治療が進められておりますが、整形外科分野では移植や固定、置換術といった治療が多く行われております。
この分野では、「関節軟骨の再生」という大きなテーマが上がっております。
そもそも軟骨には血液が通っていないので、軟骨細胞に栄養が運ばれることは無く、「一度損傷したら再生しない」と思われております。
日本での関節などの治療法の多くは、変形性関節症の痛みに対して、運動療法や痛み止めなどの治療法やヒアルロン酸やステロイド剤による関節内注射がありますが、この関節内注射にもう一つの選択肢として加わったのが
「PRP療法(多血小板血漿)」です。
「PRP」とは血小板を濃縮した血漿のことです。
血小板には創傷治癒や組織再生に効果的な成長因子が多く含まれており、PRPを局所に移植することによって組織再生を促します。
TOPへ戻る