本文へ移動

新棟増築の報告

 当院では、新棟増築工事を進めていましたが、このほど無事に工事が完了したことをご報告させていただきます。工事期間中は駐車場の制限、騒音など皆様にご不便とご迷惑をおかけしましたことを改めてお詫び申し上げます。
 平成22年2月1日に現在の会瀬町に新病院を移転しました。新しい施設になり、機能面でも利便性も今まで以上に満足できるものとなりました。
 しかし、それから約7年経過し色々な問題もみえてきました。当院では、各部署のスタッフが一堂に集まり、“解決できないとは言わない”をモットーに『患者さん満足度委員会』を定期的に開催しています。その中で集まった接遇・サービス・設備などの問題点を色々な形で解決してきました。しかしその中で、どうしても建物構造上また設備上、解決できないものが幾つかありました。そこで、この度開院70周年記念事業としてその問題を解決できればと考え、増築を行いました。
 新棟は、既存の建物の南東側に違和感なく接続することができました。

新棟の主な設備として、

◆予約がなかなか入らずご迷惑をおかけしていた為、
第2MRI室の設置
第2MRI室、ご予約しやすくなりました。
◆入院患者さんが気兼ねなくリハビリができるよう、
病棟リハビリテーション室の設置
病棟リハビリテーション室、気兼ねなくリハビリができます。
   
◆スムーズな手術予定がたてられるよう、
第3手術室の設置
スムーズな手術予定が立てられます。
◆朝の待ち時間にトイレが必要な方のために、
屋外トイレの設置
朝の待ち時間にご利用いただけます。
◆より多くの方に快適にご利用いただくため、
外来トイレの増設
より多くの方にご利用いただけます。
   
カフェルーム(トネリコ)の拡大移動
拡大して移動いたしました。是非ご利用ください。
今後は、これらのスペースを十分にご活用して頂き、医療はもちろんのこと、スタッフの質の更なるスキルアップを目標とし、益々患者さんに御満足頂けるような病院作りをしていきたいと思っています。
 
院長 嶋崎 直哉
TOPへ戻る