嶋崎病院

脊椎内視鏡手術について

 腰椎椎間板ヘルニアは腰の骨といわれる5個の腰椎と1 個の仙骨の間にある椎間板と言われるクッションが神経の方に出っ張るまたは飛び出す事により、神経が圧迫され痛みやしびれ・動かしにくさなどを生じる病気です。

正常 腰椎椎間板ヘルニア
(椎間板が飛び出し神経を圧迫している)

 多くの場合は飲み薬や神経ブロックと呼ばれる注射によって改善していきますが、なかなか良くならない場合や痛みなどの症状が強い場合、麻痺がひどい場合、早く症状を良くしたい場合などでは手術を行います。手術は多くの場合、背中を切開して骨などを一部切除し、神経をよけて椎間板ヘルニアを摘出します。
 当院では手術の侵襲をできるだけ減らすため、この椎間板ヘルニアの手術を内視鏡を用いて行っています。内視鏡は現在多くの部位の手術に用いられ、それまでの手術と比較し低侵襲で手術を行えます。
 脊椎の内視鏡は 1995年にアメリカで開発されました。近年、徐々に日本でも行われるようになってきましたが、まだまだ限られた施設でしか行う事はできません。また日本整形外科学会により脊椎内視鏡下手術・技術認定医制度がありますが、認定医は日本全国でまだ 130人程度しか登録されておりません。当院ではその認定医が常勤医で所属しているため、安全・正確に脊椎内視鏡下手術を行う事が可能です。内視鏡で手術を行うメリットは、傷が小さく、筋肉をはじめいろいろな組織への侵襲が少ないことです。

内視鏡による筋肉の剥離範囲 通常手術による筋肉の剥離範囲

 それにより術後の痛みも従来に比べ少なく、早期にリハビリテーションを行え、早期に退院・社会復帰をすることが可能です。また、ほとんどの椎間板ヘルニアが内視鏡で手術可能です。合併症のリスクは内視鏡を使わない手術同様ありますが、心肺機能への影響や出血、術後感染症のリスクは内視鏡下手術の方が少ないと考えられます。患者さんの状態によっては、同様の方法で腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症などに対する椎弓切除術や腰椎固定術も行う事が可能です。

実際の手術の流れ

 全身麻酔後に専用の手術台にうつぶせになります。

 レントゲンで手術する場所を確認します。

 背中を 16mm程度切開します。

 専用の器具でできる限り筋肉に侵襲を与えずスペースを作ります。外筒のみ残し、専用の内視鏡のアタッチメントを介して外筒に取り付けます。以降の手術は内視鏡の映像をモニターで見ながら、操作はこの外筒のなかだけで行います。

 必要に応じて骨などの組織を一部切除し、圧迫された神経を確認します。神経をよけて、椎間板ヘルニアを摘出します。

 手術前日に入院します。手術時間は多くの場合、1ヶ所の手術で1時間程度です。手術後はベッドで安静にし、術翌日より歩行練習等のリハビリテーションを行います。術後 4日から1週間程度で退院となります。退院後日常生活は可能ですが、仕事はデスクワークで 1~2週、よく動く仕事や重いものを持つ仕事で 3~4週程度余裕を持って考えていた方がよいです。

▲ページトップへ

  • HOME
  • 最新情報
  • 院長あいさつ
  • 当院の紹介
  • 医師の紹介
  • 受診・入院について
  • 担当医週間予定表
  • 診療の内容
  • ナビゲーション手術
  • 人工関節置換術
  • 関節鏡視下手術
  • 脊椎内視鏡手術
  • 求人情報