嶋崎病院

ナビゲーション手術

ナビゲーションシステムを用いた
人工関節置換術(股関節・膝関節)

 カーナビゲーションで到達位置を登録しておくと、目的地に正確に到達できるのと同様に、ナビゲーションシステムを用いた人工関節置換術では、術前に個々の患者さまにあった人工関節のサイズと位置をコンピューターで設計します。手術中に患者さまの関節と手術器具に位置情報を知らせるアンテナを設置し、赤外線カメラで最適の位置を決定します。

 従来の手術器具を用いた方法(ナビゲーションシステムを用いない手術)では、症例や術者により設置位置にばらつきが生じるという問題がありました。手術後の設置位置が悪い場合は、早期の人工関節のゆるみや摩耗を引き起こすといわれており、人工関節手術では正確な手術の方法が長期成績を左右するといわれています。

 人工膝関節手術において、インプラントを体重のかかる軸に対して正しく設置すること、良好な軟部組織のバランスを正常に近い状態にすることが、手術後の成績を向上させるためにとても重要です。
 人工股関節手術においては、骨盤側と大腿骨側にそれぞれインプラントを設置しますが、至適な位置、角度に設置しないとインプラントどうしがぶつかり脱臼が生じたり、股関節の動きが術後に悪くなることがあります。
 当院ではこのばらつきを解決するため、ナビゲーションシステムの人工関節置換術(股関節・膝関節)を導入し、最適の位置に人工関節を入れることが出来るようにしています。

▲ページトップへ

  • HOME
  • 最新情報
  • 院長あいさつ
  • 当院の紹介
  • 医師の紹介
  • 受診・入院について
  • 担当医週間予定表
  • 診療の内容
  • ナビゲーション手術
  • 人工関節置換術
  • 関節鏡視下手術
  • 脊椎内視鏡手術
  • 求人情報