診療内容について

股関節診 膝関節診 スポーツ診 脊椎診 骨軟部腫瘍診 形成外科診

スポーツ専門診

 嶋崎直哉医師(JリーグFC東京チームドクター)を中心にスポーツ整形外科にも力を入れております。サッカー、野球、バスケットボール、バレーボール、ラグビー、柔道等々多くの患者さんが外来を訪れています。
 上下肢のスポーツ外傷・障害が多く、適切な診断を行い、個々の患者さんにあった治療(保存的治療・手術治療)を選択し、多くの患者さんがスポーツ復帰をはたしています。特に膝関節疾患は半月板損傷・膝前十字靭帯損傷・骨軟骨損傷に対して関節鏡視下の低侵襲治療を行なっています。その他、野球肘や肩関節障害・疲労骨折、足関節靭帯損傷など、スポーツ復帰に悩まれている方は一度相談をされてみてはいかがでしょうか?
→関節鏡視下手術についてはこちら

専門診の診察については、まずはご相談ください。当院では、専門性に特化した外来を予約制とさせていただいています。初診の場合は、まずは一般診察にて相談していただきます。手術を含めた診察・治療を希望される方は、予約をお取りしますのでスタッフにご相談下さい。

関節鏡視下手術

▲ページトップへ

  • HOME
  • 最新情報
  • 院長あいさつ
  • 当院の紹介
  • 医師の紹介
  • 受診・入院について
  • 担当医週間予定表
  • 診療内容について
  • ナビゲーションシステム
  • 人工関節置換術について
  • 関節鏡視下手術
  • 脊椎内視鏡手術
  • 求人情報