診療内容について

股関節診 膝関節診 スポーツ診 脊椎診 骨軟部腫瘍診 形成外科診

膝関節専門診

 膝に痛みや不安感があるといった症状は、半月板や靭帯損傷に原因がある場合が多く、その診断や治療には専門的な知識、技術が必要です。

 半月板損傷や靭帯損傷の徒手検査は、有名ですが熟練した手技が必要です。非常に多くの患者さんがいるにもかかわらず、残念ながら“膝の捻挫”で済まされてしまい、正しい診断を受けられずに膝の痛みや不安感を訴えられている患者さんが多く診察にいらっしゃいます。ぜひお困りの患者さんは受診してみてください。

代表的手術

 ほとんどの手術は低侵襲な関節鏡視手術(鏡視下前十字靭帯再建術、鏡視下半月板切除術、鏡視下軟骨移植術:モザイクプラスティー他)で行われますので痛みも少なく、早期に元の生活に復帰できます。
→関節鏡視下手術についてはこちら

 また、変形性膝関節症や関節リウマチに対する中高齢者の方の膝関節痛は、初期の場合には装具療法、ヒアルロン酸関節内注射リハビリテーション(※下肢筋力訓練)で改善されますが、重症な場合には、関節鏡視手術、骨切り手術、ナビゲーションシステムを用いた人工関節置換術(人工膝関節全置換術や人工膝関節単顆置換術)を行っています。
→人工膝関節置換術についてはこちら

 痛みや不安感にお困りの方、生活・スポーツレベルを下げざるを得ない方、高い水準の生活に戻りたいとお悩みの場合は是非一度ご相談ください。
→下肢筋力訓練はこちら

専門診の診察については、まずはご相談ください。当院では、専門性に特化した外来を予約制とさせていただいています。初診の場合は、まずは一般診察にて相談していただきます。手術を含めた診察・治療を希望される方は、予約をお取りしますのでスタッフにご相談下さい。

関節鏡視下手術

▲ページトップへ

  • HOME
  • 最新情報
  • 院長あいさつ
  • 当院の紹介
  • 医師の紹介
  • 受診・入院について
  • 担当医週間予定表
  • 診療内容について
  • ナビゲーションシステム
  • 人工関節置換術について
  • 関節鏡視下手術
  • 脊椎内視鏡手術
  • 求人情報