診療内容について

股関節診 膝関節診 スポーツ診 脊椎診 骨軟部腫瘍診 形成外科診

形成外科専門診

 形成外科は、身体表面の異状の改善や見栄えを整えるための専門の診療科です。
 当院形成外科では、筑波大学附属病院形成外科医局医師による治療を行っています。

  • 体表面のできもの(粉瘤・脂肪腫・いぼ・黒子(ほくろ)・ガングリオン)
  • 腫れ、膿、皮膚壊死
  • 怪我、とげ
  • やけど
  • 他の病院でなかなか治らない傷
  • 傷跡・ケロイド(手術の傷跡が盛り上がって痛がゆい)
  • 入れ墨(刺青)
  • 褥瘡(床ずれ)
  • 耳の変形・副耳・耳前瘻孔
  • 眼瞼下垂・重瞼術(美容的なものは自費)
  • 顔面麻痺
  • 顔面骨折(鼻、ほほ骨)
  • 腋臭症(わきが)(保険診療)
  • 巻き爪・陥入爪
  • ばね指(腱鞘炎)
  • しみ(内服薬や軟膏治療)・にきび
  • AGA(男性型脱毛症)

 治療方法は、手術のほか軟膏や被覆材料(代用皮膚)を使った保存療法も積極的に行っています。
 治療に関する御相談のみでもかまいませんので、御気軽に受診していただけたらと思います。

専門診の診察については、まずはご相談ください。当院では、専門性に特化した外来を予約制とさせていただいています。初診の場合は、まずは一般診察にて相談していただきます。手術を含めた診察・治療を希望される方は、予約をお取りしますのでスタッフにご相談下さい。

▲ページトップへ

  • HOME
  • 最新情報
  • 院長あいさつ
  • 当院の紹介
  • 医師の紹介
  • 受診・入院について
  • 担当医週間予定表
  • 診療内容について
  • ナビゲーションシステム
  • 人工関節置換術について
  • 関節鏡視下手術
  • 脊椎内視鏡手術
  • 求人情報